足利銀行の主な業務内容» 足利銀行の定期預金

足利銀行の主な業務内容

足利銀行の定期預金

足利銀行定期預金は、一般的な「スーパー定期」「積立式定期預金」「退職金専用定期預金」などで構成されています。その他の定期預金としては、年金受取を前提とした定期預金や、円定期預金と外貨預金または投資信託をセットした定期預金「ゆめ・かなえ・たまえ」を取り扱っています。いずれの定期預金も、他の金融機関で同種の定期預金を扱っていることが多いので、足利銀行ならではの定期預金商品というものは、あまり目立って存在しているわけではありません。

アベノミクス政策が始まってもうすぐ2年となりますが、日本国内の経済情勢が徐々にインフレ傾向となる中であっても、普通預金や定期預金の金利は浮揚せず、現状でも低金利な状態が続いています。足利銀行の定期預金金利もあまり他の金融機関と比べて有利になっているわけでもなく、インターネット専業銀行の金利を上回ることができない状態です。

でも、定期預金は基本的にライフプランの中で活用される商品であり、目標があってお金を貯めたい人、あらかじめ目標とした受取日や金額があってお金を貯めたい人、あるいは退職金受取後に資産運用のための貯蓄をする人が多いはずです。足利銀行では本支店にフィナンシャルプランナーを置き、ライフプランにおける資産活用や貯蓄に関するアドバイスを行える人材がそろっています。顧客が望むライフプランを一緒に考え、効果的に貯蓄ができるプランの提案もしてもらえるので、ぜひ相談に出向く事をお勧めします。

その他、足利銀行では、ボーナス時期に合わせたキャンペーンや、退職金専用定期預金キャンペーンなどを実施したり、プレゼントがもらえる定期預金などを扱っています。これらの定期預金も効果的に利用すれば、顧客の貯蓄したい希望をかなえてくれる、利用価値のある定期預金として活用できると思います。
 
.: © 日本らしい名前の地方銀行 /  Easy-Vorlagen  :.